※ちと画像に編集ミスあり。再度撮るのも面倒なのでこのままで

ラビリンス メイン
悪堕ラビリンス-囚われ魔王と奈落の狂人- DLsite

ルナソフトの新作。ただ、過去作より値上がりしてる・・・。

◇ストーリー
貴族階級の者が通う「アカデミー」と呼ばれる学園に通う主人公「クロウド」は
アカデミー内では剣と魔法そのどちらにも才能が無い劣等生であり、周囲から馬鹿にされていた。
そして、心の中では「こんな世界、滅べばいいのに」といつも考えていた。
そんなある日、クロウドは魔界からやって来た魔王の少女「シエスタ」と出会う。
魔物と人間との共存を望む心優しいこの魔王は、人類との
和平交渉の為に人間界へとやって来たのだという。
しかしクロウドはそんな彼女の力を利用して、魔物を大量に人間界へと
呼び出しこの世界を滅ぼすことを思いつく。
そのためにまず本拠地として、クロウドは街の外れにある洞窟にシエスタを
連れ込むと彼女の気弱な性格につけこんで、暴力と恐怖で支配して主従関係を作る。
そしてまんまと魔物を召喚させたクロウドは、洞窟を拡大してダンジョンを作り、
人間との戦いに向けて軍備を整え始めるのであった。



ラビリンス 魔王っ娘
建設パートと戦闘パートを交互に行い敵を全滅させるのが目的の戦略SLG。

建設パートでダンジョン作成、モンスター配置を行う。戦闘パートは基本オートだがプレイヤーの手でエーテル消費して電撃撃つ、悪堕ちヒロインを操作するなどが可能。

難易度は慣れるまでやや高い。※難易度Normal基準

一部屋に置けるユニットが少ないにも関わらず敵が大量に来る場面があるので適当なダンジョンだと物量で負けてしまうからだ。幸い、電撃が低コスト高性能なので逆にもう電撃だけでいいんじゃないかなと思いたくなることもある。(実際は肉壁が欲しいところなのでそういう訳でもないが)

ラビリンス やや理想型のダンジョン構成
ダンジョン構成のコツというと全ての部屋を通路で繋いでフロアスキルの恩恵を最大限に恵んでもらう事である。

部屋同士を通路で繋ぐと繋いだ部屋のフロアスキルの効果を少しだけ得られるというのはチュートリアルでも説明されるが当然ながら隣の部屋数が少ないと申し訳程度の効果しか得られない。
なので、たとえ遠くに部屋があろうと無理やり繋ぐ方がダンジョン全体が強化されるので結果的に有利。もちろん通路を連結させて最小限に繋いでおけば自キャラ操作や援護も快適になるので先を見据えた計画的な通路配置を心掛けたい。


ダンジョン構成は初期量が少ないChapterはともかく基本的にユニットは6人置けるような部屋の広さがほしい。

まずは部屋の強化を快適にするために採掘所でゴールド、メタル、ジェム取得量の強化。
序盤はゴールド=メタル>ジェム。ゴールドに余裕ができそうになってからメタル>ジェム>ゴールドの優先度。エーテルはChapter越しに引き継ぐので攻略中での増加は不要。稼ぎなら前のChapterで稼げばいい。

部屋を増やして通路連結させれば建設しなくてもフロアスキルで勝手に増えていくので途中から兵舎・グレイブヤードで味方強化・敵弱体化に専念。概ねコレでなんとかなる。

次にユニットだが高性能ほど必要なジェムが多くなる。また、下級モンスター以外は援護能力がない(隣のフロアに敵がいるときに通路を通って援護しに行く事。欠点は自分の部屋が手薄になる)ので高コストが絶対に有利という訳でもない。そもそもヒロインにスペックが劣る時点で・・・。

ラビリンス 無限の死霊兵
援護持ちがいると6ユニットしか置けない一部屋でこんなに集まりますw下級モンスターもバカに出来ないもんだ。

Chapterが進むと洗脳ヒロインが増えるので初めはヒロインに任せ部屋が増え始めたら増やしていくという感じで。
ヒロインはモンスターより強いが援護能力はないので途中からバラけさせたほうが仕事が増えていいかも。

上位モンスターは援護の乏しそうな端の部屋だといいかもしれない。下位モンスターばかりだと自分の部屋が手薄になるのとスペック不足で押されやすいので。

使いやすかったモンスターは

インプ:遠距離攻撃・回復・援護持ち
スケルトン:援護・復帰が早い
リッチ:回復・復帰が早い
ドラゴン:肉壁。基礎値がモンスターの中では高い(それでもヒロインには劣る)


とりあえずNormalはBルートでクリアしました。(ルートはシエスタを犯した回数?)
クリア後は高難易度とシエスタが操作キャラとして使える様に。

ラビリンス ん?今何でも
エロはシエスタが6つ、洗脳ヒロイン10人が4つ(2種類洗脳前後差分)、ボーナス(複数人)が4つ。絵は安定のルナソフトクオリティです。
スポンサーサイト